O脚の治療

BLOG 2016年12月06日

花笑整骨院の田中です。

 

前回外反母趾の話でしたが、今回はO脚についてです。

実は私ものすごいO脚です。

これがX脚になったら身長が5cmぐらい伸びるんじゃないかってぐらいO脚です。

 

このO脚ですが、原因は様々あります。

病的なものだったり、筋力のアンバランスだったりします。

病的なものでないO脚の原因は普段の生活習慣による筋力のアンバランスと、関節の問題であることが多いです。

かくいう私も生活習慣によるものだと思います。

 

このO脚ですが若いうちはもちろん痛みはありません。

高齢になってきたときに大変なことが起きます。

いわゆる変形性膝関節症です。

関節の破壊がおこり、歩き始めや立ち上がりの時に激痛が走ります。

 

日本人は内側の障害が多く、見た目がどんどんO脚に変形していきます。

この変形がひどくなっていくと内側の骨同士がぶつかり、軟骨がすり減ったり、骨同士が当たる部分に骨のトゲができたりして痛みを出します。

初期の場合は治療やリハビリで膝関節を安定させて痛みは無くなっていくことが多いのですが、進行したものは人工関節の手術が選択されます。

 

変形性膝関節症のO脚は難しいですが、生活習慣による若年層のO脚は結論からいって矯正できます。

ただし、無理やり膝どうしをくっつけるような矯正器具や、力まかせに衝撃を与えるような施術は効果があるとは思えません。

筋力トレーニングと足底板、関節へのアプローチで矯正していきます。

私の場合、自分で治療はできませんので筋力トレーニングと足底板に頼ることになります。

足底板使用しているだけで治ってくれたらいいなぁと思っていたのですが思うように効果が表れませんでしたので、重い腰を上げてトレーニングも始めました。

 

O脚の方に言える事なのですが、太ももの内側の筋力が弱いです。内転筋ってやつですね。

足底板は2ヶ月ほど前から使ったり使わなかったりしていたのですが、内転筋トレーニングは1週間前ほどから始め、本日以前の写真と比べてみたのですがなんと変化ありました。

その写真がこちらです。

 

picsart_12-05-08-15-14

 

改めて見るとひどいO脚ですね。

改善はしてきましたが、まだまだ良くない状態ですね。

 

そして空き時間に一人でストレッチポールやマットピラティスをやっているおかげで左肩が上がって、頭が左側を向いている姿勢も改善してきました。

ビフォーアフターを写真で見るとわかりやすいですね。

そして改善点が見えるとモチベーションも維持できます。

 

O脚、X脚にお悩みの方は一度ご相談ください。

ピラティスによる運動療法を取り入れた痛みの出ない体を作るパーソナル予防プログラムもございます。

 

ご予約や問い合わせはこちらまで。

http://hanaemi-tottori.jp/

またはこちら

http://www.ekiten.jp/shop_51127138/

0857-35-0341

最近の投稿

カテゴリ

月別アーカイブ