初産婦さん経産婦さんの腰痛や肩こり

BLOG 2016年12月11日

花笑整骨院の田中です。

 

数日前にDeNAの運営するウェルクという健康に関する情報サイトの内容が、医療に全く関係のない素人ライターの作成した記事だということや、モラルのないSEO対策(検索サイトで上位表示をさせる対策)により全ての情報が非公開にされていましたね。

肩こりの原因が幽霊かも?という記事があったりするため、私が参考にすることは一切無いですが、こういったブログは根拠に基づいたものを作成しないといけませんね。

 

それはさておき、前回骨盤底筋のお話をさせていただいた延長線上で、関連深い初産婦さんや経産婦さんの運動器(筋肉や靭帯など)のトラブルについてお話します。

 

骨盤底筋は腰の痛みと関連深く、妊娠中や産後にも大きく影響するという話を前回したのですが、今回は妊娠中や産後の身体的な特徴についてです。

 

まず、我々が身体を評価するうえで最重要ともいえる姿勢についてです。

 

妊娠中は当然ながら時間の経過とともにお腹の中で胎児が大きくなっていきます。お腹が大きくなると前後の重心が前方向へ移動していきます。

重心が前方へ移動すると腰が前に反る方向になり、前方に移動した重心を後方へ戻そうとするため結果として後方重心となりやすいです。

さらにお腹が大きくなっているので、姿勢の制御に重要な腹筋群が伸ばされうまく働けず、結果として背中側にある脊柱起立筋が強く働き、前後で筋力のアンバランスが起こるため妊娠後期の方は腰の負担がものすごく大きいので、腰痛を訴える妊婦さんは多くいらっしゃいます。

この後方重心を戻すように猫背様の姿勢をとってくると今度は肩甲骨や股関節の動きが低下してしまい、肩こりや鼠径部の痛みが出てきたりします。

さらに、重たい胎児の頭の位置が左右どちらかに寄れば重心の位置もどちらかにズレてしまい左右不均等な姿勢になってしまいます。

妊婦さんはつわりや出産も大変ですし、妊娠中でお腹が大きくなってくることでさらに大変な身体状況となっているのです。世の男性諸君はこういったことも頭において奥さんに接さなければいけませんね。

 

妊娠でお腹が大きくなると腹直筋(いわゆる腹筋)の白線という部分が伸ばされます。

この白線とはみぞおちから恥骨に向かって縦にへこんだ右と左の腹筋を分けている部分です。

この白線が左右に引き伸ばされてしまった状態を腹直筋離開といいます。

 

非常に重要な注意事項です!

 

よく出産後に元の体形に戻すためにエクササイズをしようとする美意識の高い女性がいらっしゃいますが、この腹直筋離開があるままエクササイズをしてしまうと腹圧で内臓が押し出されるような状態になってしまします。

これはピラティスでもヨガでも腹圧を高めた状態で行うので、腹直筋離開がある場合はサラシなどを使い腹直筋が引き離されないような状態を作ったうえで、状態にあったエクササイズがなされなければいけません。

 

腹直筋離開ですが、簡単な検査方法があります。

まず上向きで膝を立てた状態で寝て、息を吐きながら肩が浮く程度まで上体を起こしてもらいます。

その状態で誰かにおへその下を指で押してもらいます。

押した指が第二関節程度まで沈んでしまうと腹直筋離開の可能性が高いので、エクササイズには注意してください。

 

妊婦さんや出産後の方にはまだまだいろんな障害が起こり得ます。

数々のリスクを冒して新しい命を産む女性は偉大ですね!

 

産後姿勢改善のエクササイズはピラティスも非常に効果的ですよ!

 

img_20161210_184819

 

いやぁきついっすね!!

必死さが顔からあふれ出てますね!

 

産後の腰痛や肩こりにお悩みの方、ぜひご相談ください。

花笑整骨院は土日営業しております。

 

ご予約や問い合わせはこちらまで。

http://hanaemi-tottori.jp/

またはこちら

http://www.ekiten.jp/shop_51127138/

0857-35-0341

骨盤底筋の重要さ

BLOG 2016年12月09日

花笑整骨院の田中です。

果たして鳥取はいつ雪が降るのでしょうか?

鳥取の年々雪の量が減っており、去年は1回ほどドカッと降った程度でほとんど降らなかったイメージでした。

ちなみに当整骨院ではぎっくり腰の患者様が急増中です。

動くのがやっとだけど仕事は休めないとか、今日は何とか休ませてもらえたけど、明日は仕事に行かなければならないから何とかしてほしいと悲痛な叫びを聞きました。

幸いほとんどのぎっくり腰も治療後には動けるようになるまで回復してくれて、うれしい限りです。

 

本日はこのぎっくり腰にも深い関係のある題名の骨盤底筋についてお話していきます。

図で見たほうがわかりやすいので、まずはこちらをご確認ください。

 

ph-tr-tk-0005_06

このように、骨盤の底にあり、恥骨と坐骨をハンモックのように付いているたくさんの筋肉のことを骨盤底筋と呼びます。

この筋肉と並んでよく登場するのが、腹横筋、多裂筋、横隔膜です。

これら4つのことをコアユニットと呼んだりするのですが、すごくざっくりと説明するとこの4つの筋肉はお腹を囲むように箱型となり、これらが最初に上手に働くことでコルセットのように腰を安定させます。

このコアユニットがしっかりしていれば、ぎっくり腰、ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎圧迫骨折などを代表とする腰のトラブルのリスクを大きく減らせます。

 

最近はヨガやピラティスという概念が広まってきたおかげでトレーニング法などもネットで検索すればたくさん出てくるようになりました。

ただし、これらの筋肉の過不足の評価は自分では難しいです。

必要なトレーニングは個人によって違いますので、すべて行えば腰のトラブルと無縁になるかといえばそうでもないです。

ここら辺の評価は自分で判断するのではなく、専門家に見てもらいましょう。

 

話を戻しまして骨盤底筋ですが、非常に女性と関係の深い筋肉です。

 

この骨盤底筋は妊娠・出産によりダメージを受けやすいです。

妊娠中には胎児の重さで下がった子宮をそこから支えるため、なにも常に伸ばされた状態になりやすく、分娩時には物理的に損傷を受けやすいです。

骨盤底筋群の中には尿道括約筋もありますので、ダメージを負った結果妊娠中や分娩後の尿失禁が起こりやすくなります。

分娩時は胎児が産道を通りやすくするために骨盤底筋は柔らかくなるのですが、それでも分娩による骨盤底筋の裂傷は多く起こります。

 

このようにして妊婦さんの骨盤底筋はダメージを負うのですが、通常この筋肉は産後1~3ヶ月で回復します。

ただし、この骨盤底筋損傷の症状は若い時期に症状が出なくても、女性ホルモンの減少する更年期に症状が出る場合も多くあります。

その症状は腰痛であったり、足の付け根の痛みであったり、尿失禁など様々なものとなり得ます。

 

更年期の方で何かをした覚えがないのに徐々に腰が痛くなってきたというかたはもしかしたらこの骨盤底筋が原因かもしれませんね。

 

骨盤底筋が原因で起こる腰痛は当然ながら犯罪になる可能性があるためマッサージはできません。

仮にやったとしてもパートナーにやってもらうのが一番安全だと思います。

そのため運動療法で治療していくのが一般的ではないでしょうか。

産婦人科の先生に聞いたらケーゲル体操を教えていただけると思いますし、インターネットで検索しても出てきます。

もちろんピラティスでも骨盤底筋のトレーニングが行えますし、さらに産後姿勢改善のエクササイズも同時に行えます。

 

個人的にはケーゲル体操はけっこう地味なので、ピラティスのほうがやっている感があって効果も見えやすいのではないかと思います。

 

img_20161208_184851

 

若干ピンボケではありますが、田中スクワットの写真です。

やり方次第ではありますが、このスクワットも骨盤底筋のエクササイズとなりますし、腰痛予防のトレーニングにもなります。

このスクワットですが、間違った方法でやると膝の負担がものすごく大きくなります。

しかも多くの方が正しいやり方を間違っておりますのでご注意ください。

 

産後の姿勢改善や腰痛などにお悩みの方や骨盤矯正に興味がある方、ご相談に乗ります。

 

ご予約や問い合わせはこちらまで。

http://hanaemi-tottori.jp/

またはこちら

http://www.ekiten.jp/shop_51127138/

0857-35-0341

O脚の治療

BLOG 2016年12月06日

花笑整骨院の田中です。

 

前回外反母趾の話でしたが、今回はO脚についてです。

実は私ものすごいO脚です。

これがX脚になったら身長が5cmぐらい伸びるんじゃないかってぐらいO脚です。

 

このO脚ですが、原因は様々あります。

病的なものだったり、筋力のアンバランスだったりします。

病的なものでないO脚の原因は普段の生活習慣による筋力のアンバランスと、関節の問題であることが多いです。

かくいう私も生活習慣によるものだと思います。

 

このO脚ですが若いうちはもちろん痛みはありません。

高齢になってきたときに大変なことが起きます。

いわゆる変形性膝関節症です。

関節の破壊がおこり、歩き始めや立ち上がりの時に激痛が走ります。

 

日本人は内側の障害が多く、見た目がどんどんO脚に変形していきます。

この変形がひどくなっていくと内側の骨同士がぶつかり、軟骨がすり減ったり、骨同士が当たる部分に骨のトゲができたりして痛みを出します。

初期の場合は治療やリハビリで膝関節を安定させて痛みは無くなっていくことが多いのですが、進行したものは人工関節の手術が選択されます。

 

変形性膝関節症のO脚は難しいですが、生活習慣による若年層のO脚は結論からいって矯正できます。

ただし、無理やり膝どうしをくっつけるような矯正器具や、力まかせに衝撃を与えるような施術は効果があるとは思えません。

筋力トレーニングと足底板、関節へのアプローチで矯正していきます。

私の場合、自分で治療はできませんので筋力トレーニングと足底板に頼ることになります。

足底板使用しているだけで治ってくれたらいいなぁと思っていたのですが思うように効果が表れませんでしたので、重い腰を上げてトレーニングも始めました。

 

O脚の方に言える事なのですが、太ももの内側の筋力が弱いです。内転筋ってやつですね。

足底板は2ヶ月ほど前から使ったり使わなかったりしていたのですが、内転筋トレーニングは1週間前ほどから始め、本日以前の写真と比べてみたのですがなんと変化ありました。

その写真がこちらです。

 

picsart_12-05-08-15-14

 

改めて見るとひどいO脚ですね。

改善はしてきましたが、まだまだ良くない状態ですね。

 

そして空き時間に一人でストレッチポールやマットピラティスをやっているおかげで左肩が上がって、頭が左側を向いている姿勢も改善してきました。

ビフォーアフターを写真で見るとわかりやすいですね。

そして改善点が見えるとモチベーションも維持できます。

 

O脚、X脚にお悩みの方は一度ご相談ください。

ピラティスによる運動療法を取り入れた痛みの出ない体を作るパーソナル予防プログラムもございます。

 

ご予約や問い合わせはこちらまで。

http://hanaemi-tottori.jp/

またはこちら

http://www.ekiten.jp/shop_51127138/

0857-35-0341

外反母趾

BLOG 2016年12月01日

花笑整骨院の田中です。

 

朝晩がずいぶんと寒くなりまして、冬の訪れを感じております。

インフルエンザの時期にもなりましたので、皆様も体調管理を十分にお気を付けください。

 

さて、今回のテーマですが足についてです。

足といっても様々なのですが、足部のアライメントについてお話します。

足部の変形もたくさんありますが、有名なものでいえば外反母趾や偏平足などではないでしょうか。

この外反母趾は女性特有なものと思いがちですが、男性にも起こる足部の変形です。

ちなみに発生割合は10:1で女性に多いです。

これはハイヒールなどのつま先が細く、踵が高い靴を履く習慣が多いからです。

この外反母趾ですが、単純に親指が小指側を向く変形ではありません。

詳しく文章で説明するのは時間がかかってしまうので割愛しますが、親指の中足骨と親指のなす角度が20°を超えてくると外反母趾と判断されます。

外反母趾は痛みが出ない方も多くいらっしゃいますが、直接靴と当たる部分が痛いという方や、足の裏の前のほうが痛いという方もいらっしゃいます。

それぞれ痛みを出す理由が違うのですが、一番大事なのは変形する前に矯正することです。

外反母趾テーピングもありますし、何より大事なのは筋力訓練となります。

筋力訓練はホフマン体操や、タオルギャザー、スネやふくらはぎの中の限定した筋肉の強化をしていきます。

タオルギャザーとはタオルを足の指でたぐりよせる運動で、足首の捻挫のリハビリ初期でよく使われます。

外反母趾と足首の捻挫は違うものなので同じようにタオルギャザーをしても思った効果が得られません。

外反母趾は放っておくとさらに変形を進ませます。

具体的には開帳足といって足のアーチがつぶれ、横に広がってしまうことです。

これをまた放っておくと足から上に向かって膝や股関節に障害が出てきます。

親指の変形が気づけば腰の痛みになっていることも多くあるのです。

足の親指が隣の指の上や指の下にもぐってしまっているような変形はなかなか元には戻りませんが、親指の付け根がうちに出っ張ってきているぐらいのものなら元の形に戻すこともできます。

予防や早め早めの治療が必要ですね。

外反母趾テーピングの写真を載せておきますので、興味がある方はご来店ください。

 

img_20161201_211755

少しわかりにくいですが右足の親指にテーピングをしています。そして私の足ですいません。

 

小指も開くようにテーピングもしたりしますが、これは軽い状態外反母趾のみに適用となります。

上で書いた開帳足まで進行している場合、小指まで開くようにテーピングをしてしまうと開帳足を助長させてしまうのでやらない方がいいです。

 

仕事でハイヒールを履くことが多い方や、外反母趾でお困りの方は是非一度お越しください。

 

ご予約や問い合わせはこちらまで。

http://hanaemi-tottori.jp/

またはこちら

http://www.ekiten.jp/shop_51127138/

0857-35-0341

交通事故にご用心

BLOG 2016年11月06日

外が随分と寒くなりジャンパーもといアウターが欲しくなってまいりましたね。

気が付けばもう11月ですよ。すぐそこに年末が迫っております。

というわけで本日のお題は交通事故です。

交通事故も大小様々でして、怖いのは頭部の損傷ですよね。

衝撃の程度にもよりますが、クモ膜下出血や脳挫傷、脳ヘルニアなどの脳損傷から肋骨骨折、心臓破裂などの体幹損傷、腕や足の骨折や靭帯損傷などの四肢損傷などたくさん負傷する可能性があるのが交通事故です。

鳥取では当然のことながら毎年雪が降ります。路面も凍結します。これらのおかげで12月~2月は事故が飛躍的に増加します。

交通事故には相手が必ずいますので、自分が気を付ければ大丈夫だとは残念ながら言えません。

ちなみに車屋さんに聞いたところ、雪道の事故が多いのは4駆のRV車らしいです。

オールシーズン的なタイヤを履いて、高い視点から他車を見下ろす環境で運転することが多いため、ご自身の運転技術を過信されている方が多いとのことでした。

オートブレーキやクルーズコントロールなど、運転の自動化が進んでおりますが、過信はなさらないようお願いします。

交通事故の症状として多いのがむち打ちだと思います。

人の頭が大体5kgなので後ろから車で追突されると衝撃で体が前に押され、頭は後ろに置いて行かれるような形で後ろに引っ張られます。

その反動とシートベルトの固定力で今度は反対に体が前から押さえつけられ、頭が体の前に引っ張られます。

当然ながら人の首はそのような衝撃に皆様が耐えられる仕組みにはなっておらず、結果むち打ち損傷となります。

むち打ちなどの交通事故損傷をされたときは多くの場合整形外科に治療に行かれると思いますが、皆様は整骨院でも交通事故治療が自賠責を使用し、負担額なしで受けられるのをご存知でしょうか?

病院の治療で交通事故後に出た痛みやしびれ等が治ればそれはもちろんそれで良いのですが、中には整形外科に通っても良くならない方がいらっしゃると思います。

そのような時は整骨院に治療に行ってみてはいかがでしょうか?

花笑整骨院でも事故治療をお受けしております。

問診や各種テスト、触診を用いてつらい症状の原因を探り、適切な治療をしていきますのでご安心ください。

 

ご予約や問い合わせはこちらまで。

http://hanaemi-tottori.jp/

またはこちら

http://www.ekiten.jp/shop_51127138/

0857-35-0341

shutterstock_174303596

最近の投稿

カテゴリ

月別アーカイブ